”FATFATFAT!!!!!”

2018.01.07 Sunday

0

    JUGEMテーマ:自転車ショップ

     

     

    FATFATFATFAT !!!!!!!

    本日の店内、自転車屋としては とてもカオスな状況となっており

    当店に入店したことがない お客様にはとても入りづらい雰囲気かと思われますが

    真心120% 笑顔80%の計200%で皆様のご来店をお待ちしております。

     

    FATBIKEの事なら、僕達 函館のチルノワまでご相談を。

    リアルなファットバイクをお伝え致します。

     

    そして続いてのチルピットは

    SURLY WEDNESDAY !!!!!

     

     

     

    SURLY/サーリー 販売店

    ADVENTURE BIKE SHOP

    CHILLNOWA/チルノワ

    ”AWESOME” = ”ICE CREAM TRUCK” x ”CHRISKING” 

    2017.12.23 Saturday

    0

      JUGEMテーマ:自転車ショップ

       

      ”素敵な自転車のオーダー”

      2017.12.14 Thursday

      0

        JUGEMテーマ:自転車ショップ

         

        忙しそうに見えないかもな冬の僕らだけども

        バタバタバタバタ過ごさせて頂いてます。

        本日 オーダー頂いた NEW BIKE。

        年明け一発目の素敵な納車になる予感です。

         

         

        年末、詰まって来たぞ〜ワクワクワクワク。

        2017ラストまで頑張ろう。

         

        チョコレートあるので、みなさん 遊びに来てね。

         

        ADVENTURE BIKE SHOP

        チルノワサイクル

         

        SURLY/サーリーよりニューモデル”PACK RAT”がリリース!!

        2017.12.05 Tuesday

        0

          JUGEMテーマ:自転車ショップ

           

          先日???なんじゃコレは。 SURLYの新種か?? なんてブログ書かせて頂きましたが、正式にサーリーよりニューモデルリリースの情報が入って来ました。

           

          SURLY PACK RAT 

          完成車(24PackRack付属!!)  ¥185.000+tax 

          フレーム/フォーク  ¥78.000+tax

           

          気になるのが、どんなフレームなの??って所。

           

          ざっくばらんに答えると”フロントラックに大きな荷物を積んでも楽しく走れるバイク”ってヤツみたいです。

          何となくなイメージですが、チルノワでも人気のあるクロスチェックとLHT(ロングホールトラッカー)の間の兄弟車みたいな感じ。

           

          この子が誕生した背景には昨年リリースされた最高に便利なフロントラック、何でも詰め込める”surly 24Pack Rack" があります。

          このラックあまりにも優柔で便利すぎてアレコレと詰め込みたくなっちゃうんです。

          そんでアレコレアレコレアレコレ積み込み過ぎるとハンドリングが不自然になっちゃう。。。

          そこでサーリーチームは、”そんなら専用設計のフレーム作っちゃおうぜ!!”って制作に着手したみたいですよ。

           

          んで、幾度となくプロトタイプ作って、荷物これでもか!!って突っ込んでテストし、ほぼすべてのスタッフが”コレでしょ!!コレ”って指名したモデルを製品化したのがパックラッドってワケ。

          ちなみにCrossCheckは700C,LHT(ロングホールトラッカー)は26インチ。

          Pack Ratは26インチモデルと650Bモデルの2種類のホイールサイズをリリースとなります。

          26インチはフレームサイズが38cm.42cm.46cm.50cm

          650Bはフレームサイズが52cm.54cm.56cm.56cm

          と8サイズ展開なので、小柄な方から2メートル越えの方まで幅広く対応できますよ。

           

          詳細を見てみましょ。

          重い荷物を積んでもふらつかないようにヘッドチューブアングルを立てて設計。

          そしてフロントフォークにはハブダイナモ配線を通すホールが!!サーリーでは初採用のスペックですね。

           

          ホイールクリアランスは26インチは2.0まで、650Bは48mmまで対応

           

          リアエンドはCrossCheck同様に132.5mm幅なので、130mm、135mmハブどちらにも対応します。

           

          なんだか2018年春からは爆発的に注文が殺到しそうな予感がビンビンします・・・

          ちなみに日本入荷予定も4月頃。ですが、バックオーダーはすでに受け受け中です!!

          確実に欲しい方、お早めのお注文お待ちしております!!

           

           

          SURLY ALL-CITY 北海道販売店

          函館市松風町10-5
          0138-83-5044

          CHILLNOWA(チルノワ)

           

          ”冬でも GO!!ADVENTURE!!”

          2017.11.30 Thursday

          0

            JUGEMテーマ:自転車ショップ

             

             

            一昨日 昨日と連休だった僕は、最近 組んだばかりのカラテモンキーでちょっくら徘徊していました。

            ほんとはもっと早く組むはずだったのに

            この夏、ツールド北海道に出たくなった僕は一旦カラテは横に置いといて

            急遽、ロードバイクを組む事に。そんなこんなでよーやく。

             

            昨日までは気温も高かったので、車道はすっかり乾いた路面でしたが

            林道に入ると溶け切らない雪と氷の間くらいの、よく分からない路面コンディション。

            そんな路面状況でも、27.5+がもたらすエアボリュームの恩恵は相当なもので

            足元路面を気にすることなく、スムーズに強くペダルを踏めました。雪道楽しいです。

             

             

            今回 僕が選んだタイヤは、WTB BRIDGER 27.5x3.0。

            ミドルピッチで配されたスクエアノブで、アスファルトからグラベル、トレイルなど

            一言で言ってしまうと、オールラウンドに使えるタイヤを選びました。

            チューブレス仕様で組付けたんで、全体的な車体重量もかなり軽くなるし転がりの良さも倍増。

            何より、空気圧を下げて悪路を進んでも”リム打ち”によるパンクの心配がないってのも、かなり大きい。

            チューブレス化によるフワフワな乗り心地。みなさんにも体感してもらいたい。

            ファットバイクよりも、キレキレに山を走りたいって人には転がりの良い27.5+がオススメ。

            カラテモンキー、だいぶ良いですよ。ちなみに、29インチなら2.5まで装着可能。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            休日2日目 昨日の散策ライドは、おろしたてのVANSのスニーカーの左を

            泥水に足首まで浸かってしまうという失態を犯してしまいテンション激落ち。

            よりによってそこに水溜まりがあるんだもん。

            まだまだ、ノレてないってことね。

            そのまま10キロ 来た林道を戻り家路に着きました。写真も撮ってません。

            新品のスニーカーでグラベル走るべきじゃないです。

            代わりに、新たなルートをGETしたので良しとしましょう。

             

             

            早くトレイルへ出掛けたい。

            この車体。まだまだやりたいことがあるので、楽しみです。ゆっくりやって行きます。

            そして、行けるフィールドが広がり、難しそうな目標も出来たので 2018が楽しみ。

             

            まずは、今週日曜日。12月3日。

            急な告知でしたが、行ける方 遊びましょう。

             

            ???なんじゃコレは。 SURLYの新種か??

            2017.11.29 Wednesday

            0

              JUGEMテーマ:自転車ショップ

               

              昨日は暖かく、路面が所々”ザラメ&アイスバーン”だったのでウエンズデーで出社。

              すでにピンスパイクに履き替え済みなのでスノーでもアイスバーンでも何でもモーマンタイ。

               

              帰りは路面も溶けて気温もプラスだったのでディスクトラッカーをチョイス。

              久しぶりの出番のディスクトラッカーもやっぱり乗り心地がサイコーなワケで気持ち良く家路に着いたヒゲメガネです。

              用途や気分によって乗り換えると、ただの通勤路も自然と面白く感じられます。

               

              さてさて、そんなSURLY生活を送っている自分ですが、本国SURLYサイトを見てて気が付いたんです。。。

              なんか、、、いつもと違う。。。

               

              !!!

              !?!?!?

               

              PACK RAT??ぱっくらっと??

               

              何何??君誰??

               

              と焦りながらもポチっとすると一枚の写真が。

               

              何となく、クロスチェックに24PACKRACKが付いた感じのモデルなのかな??

              この写真上ではグリーンっぽいけど、、、詳細は一切出てないので分かりません。

               

              けど本国ページに掲載されたからには新種のフレームなんでしょう。

              まだいつリリースも分かりませんが、今後の情報にも注目ですね!!

               

               

               

              ”ヨシオ君の旅が再開” 〜SURLY クロスチェックで日本一周中〜

              2017.11.26 Sunday

              0

                JUGEMテーマ:自転車ショップ

                 

                 

                 

                 

                この夏 チルノワで熱いグータラ生活を送った日本一周中のヨシオですが

                まあ、色々と問題が発生する星の元に生まれておりまして それも彼のキャラクターなのですが

                さすがに笑けてきます。

                ヨシオを見ると、火曜日のサザエさんのエンディング曲が僕の頭の中で必ず流れます。

                あっかるぅ〜いわらぁいをぉ〜ふりまいてぇ〜♪ってやつね。

                んで、一昨日、ようやく京都より再出発です。

                 

                 

                 

                 

                昨日は和歌山まで行ったそうな。

                新たな相棒 SURLYクロスチェックとの相性も抜群なようで、良かった良かった。

                そいで、今日は僕がアメリカミネアポリスでも同部屋で、一緒にあのADVENTURE RIDEをさせて頂いた

                大阪の名店『一条アルチメイトファクトリー』Tsugiさんの元へと辿りついたようです。

                Tsugiさんと共に走ったあのトレイル。全てが極上だったなぁ。

                夜のミネアポリスを2人で徘徊したのが懐かしい。大至急また行きたいな。

                なんか、こうやってお店とお店を 自転車乗りが繋いで進んでくの見てると

                素敵だし嬉しいし楽しいし、感慨深い。SURLY ありがとう!!

                Tsugiさん 写真ありがとうございます‼

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ずるいぞヨシオ。僕も大阪行ってみたい。

                 

                 

                 

                 

                このまま何も問題なく進んでくれれば良いけど。

                そうは行かないのが、彼の性。

                今後のヨシオからのレポートにも期待しましょう。

                 

                 

                 

                 

                あれ??

                最近のコースケは??って方。安心して下さい。

                沖縄で安定したグータラ生活を送っています。

                今日は、沖縄から函館のみんなへのお土産を買いに行く日らしいです。

                忙しいらしいです。

                 

                ”WEDNESDAY日和” WINTER RIDE

                2017.11.25 Saturday

                0

                  JUGEMテーマ:自転車ショップ

                   

                   

                  早速、FATBIKEで遊びに来たWEDNESDAY乗りの2人。

                  リョウは、本日 45nrth DILLINGER4 スパイクタイヤを投入。

                  先週からクロスチェックを封印して、通勤にはファットバイクを使用。

                  それでも、路面凍結した帰り道には2度 派手に転んだみたい。

                  タイヤ履き替え後の試乗では、やっぱ足回りの安心感が別物でガシガシ ペダルを踏めるって。

                  これで安心だな リョウ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  コレガホッカイドウリアルファットバイクスタイルナノデアリマス。

                   

                   

                   

                  ”5号線CX”

                  2017.11.25 Saturday

                  0

                    JUGEMテーマ:自転車ショップ

                     

                    昨夜のお布団の中、ウィキペディアで ”三毛別羆事件” に夢中になってしまいました。

                    まじで恐ろしい。自転車で山に入る時に思い出してしまうので読むもんじゃありませんね。

                    みなさんも良かったら、山に入る前にお読みください。

                     

                     

                    何やら僕のSNS内では、Raphaスーパークロス野辺山の話題で溢れかえっておりますが

                    こちら函館では大雪に見舞われる中、ヨコティンが5号線CXに出場して来たようです。

                     

                     

                    やや重めのコースコンディションだったようで、只今 鼻をすすりながら横でハアハア言っております。

                     

                     

                     

                    そろそろ、みんなで一発 ナイトライドでも開催しますか!?

                    いや、林道SNOWライドもやりたいな。

                    暖かいコーヒーでも沸かしながらね。

                     

                    チルノワ、ファットバイクの店内展示販売車も只今 充実した内容になってます。

                    いつもの冬の車通勤を、自転車でアドベンチャーに変えましょう。

                     

                    雪降ってますが、週末 ぜひ自転車で遊びに来て下さい!

                     

                    7516772576_IMG_3041.jpg

                     

                    ”名機 STEAMROLLERに名品 NITTO M18 フロントキャリアーの黄金コンビ”

                    2017.11.23 Thursday

                    0

                      JUGEMテーマ:自転車ショップ

                       

                       

                       

                      サーリー スチームローラー。

                      多彩な顔へと七変化できる、誰もが羨む世界の名機。

                      シングルフリーに、Sycip/シシップ のJ.B.BAR madebyNITTO。

                      ゆったりポジションで、休日の買い物から毎日の通勤まで

                      普段の生活に寄り添える自転車へと組上げたのが今年の5月。

                      フレームには沢山の傷が付いていて、それもオーナーさんと自転車との『絆』みたいなもの。

                      納車した5月からの6ヶ月間で、すっかり『雰囲気』を身にまとって洗練されて帰って来てくれました。

                      なんだか、自転車ってその乗り手さんの魂みたいなもんが乗り移るんです。本当です。

                       

                       

                       

                      クロモリフレームには、クロモリパーツが一番似合います。

                      このコクピット、素敵過ぎて ずっと見ていられるのは僕だけではないはず。

                       

                      今回は、もっともっと快適な自転車生活を送れるようフロントラックを装着。

                      フロントラック界の名品”NITTO M18”をチョイス。

                      来春には、このキャリアにWALD137バスケットを装着する予定。

                      休日前夜の仕事帰り、スーパー寄ってビールとおつまみ買ってフロントラックにくくり付けて。

                      ってそれだけでワクワクしちゃう。

                       

                       

                       

                       

                      しかし、シングルバイク さいこう。

                      余計なもんが付いてないもんで、シンプルで美しい。

                      でもだからこそ ものすごく奥も深い。

                      これは、チルノワでシングル旋風が巻き起こりそうな予感。

                      僕も、この冬 しばらく乗ってなかったスチームローラーを引っ張り出して

                      大幅に仕様変更の予定。ワクワクでっせ。

                       

                       

                      フロントラック旋風も間違いなく 巻き起こりますね こりゃ。

                      その辺は、すでにエブリデイでラックを使用しているヨコティンのレポートを待ちましょう。

                       

                      毎日の生活にもっとも寄り添える自転車をこの冬の間に組んでみませんか??

                      きっと素敵なバイクを仕上げておみせます。